なぜ大手が良いのか

キャッシングを利用するときは必ず有名な業者でしてください、CMでやっている業者しか利用しないでください、ということは様々なところで言われています。
私もその考えに賛成しているのですが、そうなると中堅のキャッシング業者たちが少しかわいそうな気もしますね。利用者が大手に集中してしまう独占市場となってしまっています。
しかしなぜCMをやっている業者を利用しろと皆口を揃えて言うのでしょうか。それにはそれなりの理由があるのです。

テレビで広告を打ち出すというのはおわかりの通り、かなりのコストがかかります。それだけの費用を広告費に費やせるのは大手だけになってしまいますよね。つまりテレビCM=大手、ということになります。

それではなぜ大手が良くて中堅は良くないのかということになるのですが、一見、最高金利にも大きな差はないですし怪しいわけでもありません。

大手が良いというには金利とは別の理由があるからなのです。その1つとしてヤミ金と判別が付きにくいということ。ヤミ金も営業上はヤミ金ではないように装います。そうなると中堅企業との判別が付きにくいのが正直なところ。
ちゃんと調べればわかりますが、調べなくても大手なら絶対ヤミ金ってことは無いから大手の方が手っ取り早いですよ、ということなのです。

別の理由として、大手なら提携ATMが格段に多いのでお金を引き出しやすいという点です。中堅企業だとやはり提携ATMが少ない、もしくはATMには対応していないということが多いので、利用するに当たって少し不便になってしまいますよね。これは大手ならではの大きなメリットだと言えますね。

中堅でもまじめに営業をしていて優良な業者もあるのですが、やはりヤミ金の存在もあって敬遠されがちなのが少し可愛そうではあります。しかし借りる側としてはリスクを最小限にとどめたいですよね。
キャッシングというのは、簡単便利に使えますが、キャッシングにもしてはいけないこと、
つまり注意事項のようなものがあります。

では具体的にどのようなことなのでしょうか?

まず、キャッシングというのは、お金を「借りる」という行為であることを忘れないことです。

当 たり前のことですが、キャッシングつまりお金を借りるという行為は返済ということがセットでついてきます。
しかし、お金を借りているという行為を忘れてし まうとその手軽さゆえに自分のお金のごとくお金を使ってしまい、
気づいたら借金だらけになっていて返済不能に陥ってしまった、といった状況に陥ってしまい ます。

ですから、キャッシングを使う際は、「お金を借りている」自覚をしっかりと持ち【貸し倒れをしない】ように注意しましょう。

そしてもう一つ、限度額というのはご存じですよね?

この解釈ですが、この限度額というのを使ってもいい限度額という数字として思ったことはありませんか?

今、少しでもこのように思っている人は要注意です。金融業者は、何も慈善事業として
皆さんにお金を渡しているのではありません。

商売,ビジネスとしてお金を貸し出しています。

つまり、この限度額というのは、ビジネスとして成り立つように金額を予めここまでしか借りられませんよと定めているのです。
ですから、限度額まで使ったら本当に危険だという認識をしつつ、本当に今必要な分だけを借り入れするようにしましょう。

金利は下げてもらえるのか?なんて質問良くありますが、金利も簡単に下げてもらえませんからね。。。
限度額いっぱいは避けた方がいいでしょう!

また、キャッシングを行う上で最もしてはいけないことがあります。

借りる相手をよく調べてから借りることです。

バッサリ言ってしまえば、「闇金融」俗に闇金には絶対に手を出さないことです。
高額な金利、悪質な取り立てなど、闇金に関わって良いことは本当に一つもありません。

中には、年利換算で20%以上の法律で定められた約100倍近い超高金利で営業を行っていた闇金もあります。
ただ消費者金融からお金を借りるといった行為は、一般的な経済活動の一つですが、闇金はほぼ間違いなくあなたの人生を狂わすことになります。ですから、闇金だけは絶対に手を出さぬようにしましょう。

借り入れの際は、自分に返済能力があるのか、ないのかで決めましょう!